数楽どん話
二つの輪(航海日誌 99/11/19より)

えーと、突然ですが、紙テープを用意できますか? すみません。お手数をお掛けします。普通の紙テープでいいですよ。どうしましたか? 紙テープが、探しても見つからないって、はーい、いいですよ。それならば、えーと、そうですね、紙とはさみとのりをご用意できますか? 即席で紙テープを作りましょう。えーっとですね、今日はですね、この紙テープで遊んでみましょう。

では、いきますよ。まず輪を作ります。輪の大きさは直径10cmから20cmぐらいで適当で、はーい、それでけっこうです。では、輪を二つ作ってください。同じ大きさのもの二つですよ。できましたか? この二つの輪を両手で持ってください。一つは水平(よこ)にし、もう一つは垂直(たて)にして持ってください。はーい、できました? えーと、次はですね、手にしている輪をそのまま近づけてください。そうすると十字形にくっつきますね。はーい、そのままのりずけして完全にくっつけてください。

さて、これからが面白いのですよ。はさみでこのくっついた輪を切りますよ。切り方は輪の中心線に沿って切っていきます。いいですか、輪の中心線ですよ。くっついている二つの輪をどんどん切ってください。特に十字に交差するところは気を付けてくださいね。切り終わりましたか? はーい、切り終わりましたら広げて見てください。どんな形ができました? どうですか? 驚いたでしょう。

では、特別サービスでもう一つ教えましょう。これはもっとびっくりされると思いますよ。やはり、輪を二つ作ります。今度はひねりを入れますよ。半回転ひねりをした輪を一つ作ってください。はーい、できましたか? もう一つは逆に半回転ひねりをした輪を作ってください。この輪をさっきと同じように十字形にくっ付けて、中心線に沿って切ってください。さーて、なにができるでしょうか? えーとですね、広げる前に何ができるか想像してくださいね。はーい、多分びっくりしますよ。そして、ハッピーハッピーな気持ちになること請け合いですよ。あなたのハートがきっと微笑むでしょう。

では、お後がよろしいようで、Yoshitaくんでした。

関連記事は教具教材のメビウスの輪(2)の写真をご覧ください。

数楽どん話メニューにもどる
トップにもどる