どん


   三角形の内角の和は180度

「数学なんかヨシタ、ヨシタ」と掛け声をかけながら
 散歩するYoshita君に、よしこちゃんが
「三角形の内角の和は180度なのよ。知っている?」」
 と自慢げに質問する。
「そうだったかな、180度だったかな?」
「そうなのよ。180度なのよ!」
「どうして180度なのかね?」とYoshita君はちょっと意地悪にかえした。
「三角形の先をちぎってそろえて調べたのよ。」
「なるほどなるほど、つまり錯角,同位角を使ったのだね」
「さっかく、どういかくってな−に?」

        


「ところで、散歩についてくるかね。
 そこのたんぼを一周しょうと思っているのだが」
「よしこちゃん、四角いたんぼを一周すると何度かな?」
 よしこちゃんは
「それならいっしょに散歩しながら調べるといいわ」
 よしこちゃんとYoshita君はなかよく散歩し一周しました。
「Yoshita君! 一回りだから360度よ。」
 たんぼを指差しながら、
「かどかどで曲がったでしょう。時計のはりが一回りしたことと同じよ」
 と言いながら、よしこちゃんは腕を時計の針のように動かしました。
「そしたら、三角のたんぼを一周すると何度かな?」
 よしこちゃんは、やはり腕を時計の針のように動かして
「360度よ!」
「ついでにいいかな?」というYoshita君の声をさえぎるように
「Yoshita君のききたいことは、五角形は?でしょう」
「そうそう、よくわかったね」
「それはね、やっぱり360度なのよ。何角形でも一周は360度なのよ」 
「ありがとう。よしこちゃん! グラウンドを一周することも360度なんだね」
「そんなことあたりまえでしょう、Yoshita君!」
「よしこちゃん! 三角形の三頂点の内と外の角は180度だよね」
 よしこちゃんはYoshita君が何を言いたいのかちょっと考えました。
「頂点は三つあるから・・・分かったわ。180度×3で一周分が360度だから
 三角形の内角の和は、180度×3−360度=180度 !」
        
「よしこちゃん、すごい、すごい! それじゃね」
 よしこちゃんは「数学なんかヨシタヨシタ」と言いながら、小走りに帰って行きました。
		 
      おわり      
数楽どん話メニューにもどる

トップにもどる